不動産仲介手数料について!かんたんに分かる一覧表

不動産仲介手数料について!かんたんに分かる一覧表

不動産売却の仲介手数料について

不動産売却で不動産会社に依頼すれば仲介手数料が発生します。この仲介手数料と言うのは法律で上限が決められていますので、ぼったくられるとかの心配はしなくて大丈夫です。あなたの物件の売却予想価格がわかれば事前に仲介手数料の金額も分かります。ここでは仲介手数料について細かく紹介していきます。

 

仲介手数料の金額について

仲介手数料の金額については、 宅地建物取引業法で次のように上限値が決められています。

金額 仲介手数料
200万円以下 代金額x5%
200万円超~400万円以下 代金額x4%+2万円
400万円超~ 大金額x6万円
※売却価格には消費税を含みません。

売却の価格が400万円を超える場合は、 以下の計算で手数料がわかります。

仲介手数料+(売買価格x3%+6万円)+消費税

 

 

例えば、900万円のワンルームマンションを購入した際の仲介手数料の上限は、900万円×3%+6万円で33万円(税別)になります。

注意仲介手数料を算出する基礎となるのは、「消費税を含まない売買価格」になります。物件の表示価格が「税込」となっているケ-スもあるので、その場合は注意が必要です。
この金額は法律で決まっているので これより高い手数料を請求される事はありません。 最近ですと 仲介手数料が無料な業者が出てきたり、 早期に売却することができたら手数料を安くしてくれる会社もあります。 仲介手数料早見表

その他の費用

仲介手数料の他にも以下のような費用がかかります。
不動産売却の諸経費 上記の全てが必ず必要になるわけではないのですが、 売却の費用にかかる費用は、 売却額の3~10%になるなので費用分の事もしっかり把握しておきましょう。 これらの費用は不動産の売却して得たお金からお支払いすることもできますが、 手数料については売買契約をしたときに半額、残りの金額を後で支払うなど分割での支払いが必要になります。 残金を後で支払うなど分割でお支払いが必要となります。

 

不動産売却の費用は事前に把握しておくべき!

 

不動産売却には、仲介手数料、税金、諸費用などの支払いも発生します。しかしこれらの諸費用の金額は売却前に事前に知っておきましょう。不動産売却における諸費用はあなたの物件の相場がわかれば、事前に売却費用の予測がつきます。売却後に思わぬトラブルが発生しないようにも売却活動を始めたらすぐにでもどれくらい費用がかかるのか頭に入れときましょう。

 

売却額から諸費用を引いた額が住宅ローンの残債より少ない場合は不足分を一括返済する必要があります。注意して欲しいのが売却額からこれら諸費用を引いた金額と言うことです。売却額と言うのは実際に売りに出してみないと確定しません。あまりにも買主が現れない場合はやむを得ず値下げせざるをえませんよね。いくらまで値下げるかの線引きも諸費用が頭に入っていないとトラブルの原因になってしまいます。
このようにならないためにも事前に仲介手数料を含む諸費用の合計は把握しておきましょう。

 

 

 

 

不動産売却の仲介手数料のまとめ

不動産売却の仲介手数料のまとめ
いかがでしたか?仲介手数料やその他の諸費用に関して説明してきました。仲介手数料は法律の上限値が定められています。実際どのぐらいの仲介手数料を支払っているかというとこの上限値を支払うと考えで良い方がいます。

 

不動産会社と利益と言うのは基本的にこの仲介手数料のみです。中にはこの仲介手数料を半額にしている会社などもありますがこれは注意が必要です。不動産会社の唯一の利益の仲介手数料半額にしてると言う事は何か裏があるのか、もしくは集客ができないから安くさせてもらっているのどちらかです。このような会社は売却力がないと自ら言ってるようなもので注意してくだい。