一般媒介契約と専任媒介契約!選び方をチェック!お勧めは?

一般媒介契約と専任媒介契約!選び方をチェック!お勧めは?

媒介契約と専任契約の違い

マイホームを売却するとなると基本的には不動産会社に依頼する事になります。その際媒介契約を締結するのですが、媒介契約には3種類あります。一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つありますのでそれぞれの特徴や契約内容について細かく紹介します。

媒介契約と専任契約はどこが違うの?

契約の種類一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
他社への媒介依頼XX
自己発見の直接契約X
報告義務義務なし2週間に一回以上1週間に1回以上
有効期間無制限3ヶ月3ヶ月
レインズの登録義務義務なし7日以内に登録5日以内に登録
売買契約を結ぶためには、自宅を売りたい人と買いたい人の両方が契約を締結することが必要であり、 売買契約には色々な専門知識が必要となることから、たいていの場合は仲介として不動産屋さんを間に挟むのが一般的です。
仲介と媒介は同じ意味で使われており、専門用語として主に使われているのは媒介です。そのため、媒介という言葉がでてきたら仲介であると理解しましょう。

・媒介契約とは、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つから成り立ち、違いは次の通りです。


・ 一般媒介契約⇒複数の会社と媒介契約が結べる
・専任媒介契約⇒1社の不動産屋さんとのみ媒介契約ができる
・専属専任媒介契約⇒不動産屋さんとの媒介契約は1社のみである、および買い手を自ら見つけることができない

 

すべてを託せるような不動産会社であれば専任媒介契約を依頼するのがおすすめですが、その不動産屋さんについて信頼しきれていない部分があるとすれば一般媒介契約で様子を見るのも1つの手です。

 

一般媒介と専任媒介図

 

媒介契約と専任契約のまとめ

媒介契約と専任契約のまとめ

媒介契約について細かく紹介してきました。いろいろな考え方があるのでどれを選べば良いか正解は無いのですが、当サイトのオススメは専任媒介契約です。なぜなら不動産売却において1番重要なのは不動産会社選びです。ですので媒介契約を締結する前提に必ず信頼のおける不動産会社と提携してるはずですので、専任媒介契約でお願いするのが良いかと思います。

 

一般媒介契約ですと他社に契約をとられてしまうと不動産会社はそれまでの労力や広告費が全て無駄になってしまいます。ですのであまり熱心に売却活動をしないと言われています。一方専任媒介契約ですと、あなたとしか契約していないのですから売却できたら必ず不動産会社の利益になりますので積極的に売却活動を行ってもらえます。もちろん売却活動には広告費もたくさんかけてもらえることが期待できます。また一般媒介契約より専任媒介契約の方がより親身になってアドバイスやサポートをしてもらえる傾向にあります。この点を踏まえたら一般媒介契約より専任媒介契約の方がお勧めです。

 

一般媒介契約が良いと言う場合もあります。それは人気エリアの物件です。都心の駅前一等地など人気エリアは営業活動をかけなくても買主が自然と集まってきます。ですのでなるべくたくさんの不動産会社に紹介してもらった方が早く売却できることが期待できるからです。

 

 

当サイトのお勧めの選び方

  • 人気エリア以外は専任媒介契約
  • 人気エリアは一般媒介契約

 

\かんたんに自宅のお値段が分かる/

イエウール

▼公式サイトはこちら▼