仲介と買取!特徴と選び方をチェック!

仲介と買取!特徴と選び方をチェック!

あなたのマイホームを売却するとなると大きく分けて2つの方法があります。それは不動産会社が買主を探してきてもらう【仲介】と、不動産会社が直接あなたのマイホームを買い取ってもらう【買取】です。これら2つの方法はそれぞれ特徴や性質が異なってきますので注意が必要です。ここでは仲介と買取の違いを詳しく紹介していきます。

 

仲介と買い取り、どこが違うの?

仲介の場合 買取の場合
買主 主に一般個人 不動産会社
売却手続期間 買主を探さないといけず手続きが完了するまで順調にいっても3ヶ月程度の売却時間がかかる 不動産会社が購入してくれるため即売却できる。 (手続きの時間もいれて1ヶ月で完了)
売却価格 一般的に相場価格で売却できる。 仲介と比べると売却価格が低くなるのが一般的

仲介とは

仲介業を行う不動産屋さんは、買い手と売り手の間に入って自宅の売買を仲介することを言います。 仲介売買の場合、一般市場の中から買い手を見つけることになるので売却する時間も少々長くなります。 ところが、買取よりも仲介は売却金が高く見込める可能性があるため、少しでも高く売りたいならば仲介を選ぶのが最善です。

 

少しでも高く売りたい方向けにおすすめです。

仲介の説明図


買取りとは

買取業務とは、不動産屋さんがあなたの自宅を直接買い取る方法を指します。 買取は、物事がすべてスムーズにに進むため少しでも早く自宅に売りたい人にお勧めで、 すぐにでも自宅を手放してしまいたいという人にはとくにおすすめです。 しかし買取業務を選択すると、仲介業務に比べ2割から3割程度も価格が安くなることが多いです。

 

今すぐ売りたい人におすすめです。

買取の説明図

不動産会社に買取依頼するための査定が可能

不動産も車などと同様に不動産会社に直接買い取ってもらうことが可能で、そのための査定を依頼することもできます。 通常不動産会社に仲介してもらって買い手を見つけるとなると、 だいたい早くても3か月ほどの月日を要することがほとんどです。 ちなみに最も早く不動産売買を完了したい人なら、不動産会社に直接買い取ってもらう方法で最短2週間での不動産引き渡しが可能です。 相場より若干売却額は減りますが、一番早く売却を済ませるにはこの方法が最適で、 不動産会社による買取査定も視野に入れてみてもいいかもしれません。

仲介と買取の違いメリットデメリットグラフ

 

 

仲介と買取についてのまとめ

仲介と買取についてのまとめ
いかがでしたか?仲介と買取についての違いを紹介してきました。一言で言えば高く売却したいなら、【仲介】早く売却したいなら【買取り】です。しかし多くの方は少しでも高く売却したいはず。そもそも不動産は人生において最も高価な商品の1つです。

 

方法が異なるだけで簡単に数百万の差がでますからね。ですので基本は仲介だと思って問題ありません。ただ中にはどうしても早く売却したい方もいると思います。例えば相続税での納付期限が迫っている方や、地方の実家を相続したのですか売却するのにも距離が離れすぎていて手間暇がかかるので、多少安く売ったとしてもすぐに売却したい方などがそうです。または訳あり物件で仲介ではなかなか売却できない物件も買取を選ぶと言う選択肢が有効です。買取を選ぶ際の注意点としてはまずは相場の6割から8割になってしまうことを十分承知することです。

 

買取での売却は、査定額=売却額になりますので必ず複数社に査定を依頼して徹底的に競争させることがポイントです。中古不動産と言うものは、定価がありません。ましてや買取となると不動産会社の思惑もそれぞれ異なってきますので査定額もかなりバラつきが出てきます。ですので必ず複数社に査定を依頼しましょう。

 

仲介
少しでも高く売却したい人

 

買取
早く売りたいした人
手間をかけたくない人
買い手がなかなかつかない物件
瑕疵担保責任を負いたくない人
近所にバレずに売りたい人

 

\かんたんに自宅のお値段が分かる/

イエウール

▼公式サイトはこちら▼