不動産売却の流れ

不動産売却の流れ

不動産を売却するとなると売却相談から引き渡しまで長い工程を経る必要があります。すぐに売買契約をして終わりと言うわけではいかないですからね。ここでは不動産売却の流れを簡単に紹介しますので売却活動を始める前に全体の流れを頭にインプットしてください。

 

 

不動産売却の流れ

売却相談から物件の引き渡しまでの不動産売却の流れを紹介します。

 

  1. 売却相談・簡易査定依頼
  2. 訪問査定による物件の確認・査定
  3. 媒介契約の締結
  4. 売却物件の販売活動
  5. 売買契約の締結
  6. 決済と物件の引き渡し

 

 

ステップ1 売却相談・簡易査定依頼

売却相談・簡易査定依頼
不動産売却又は買い替えの予定の方は売却相談またいきなり簡易査定依頼から始めます。信頼できる不動産会社を既にご存知の方はその不動産会社に売却相談に乗ってもらうと良いと思います。不動産会社の知り合いがいない方は簡易査定を複数社に査定依頼して信頼できそうな不動産会社を探すのが良いかと思います。まずは簡易査定をして物件の相場を知ることが大事です。売却額の安がわからないと売却後のプランも立てられませんからね。

 

矢印下緑

 

ステップ2 訪問査定による物件の確認・査定

訪問査定による物件の確認・査定
査定私があなたの物件を直接見て査定してくれます。建物はもちろん、近隣施設や、交通量、市場調査などを行います。また近隣地域の過去の取引事例や建築法規、権利関係の調査も行います。

 

矢印下緑

 

ステップ3 媒介契約の締結

媒介契約の締結
媒介契約とは不動産会社に不動産の売却を依頼する際に結ぶ契約です。一般媒介契約と専属媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。媒介契約を結ぶ際は必ず信頼のおける不動産会社にしましょう。腰でも信頼できない場合は妥協せずしっかりとお断りする勇気も持ちましょう。

 

矢印下緑

 

ステップ4 売却物件の販売活動

売却物件の販売活動
不動産会社は、お預かりした物件の販売の為に様々な売却活動を行います。
具体的に言うと、ネット広告、不動産ポータルサイトへの登録、新聞折込チラシなど、様々な媒体に幅広く物件の紹介、販売活動をします。
販売活動は主に不動産会社ですが、売主のあなたも内覧に備えて建物内の整理整頓、掃除をしっかり行いましょう。

 

 

矢印下緑

 

ステップ5 売買契約の締結

売買契約の締結
買主との売買契約の手続きを行います。
その際に売主様には、物件の状態や近隣施設など、細かい状況を報告します。また残置物(エアコン等)の撤去の有無、瑕疵担保責任の有無、あるのならば期間はいつまで、など後々トラブルに発展しないため細かいところまで取り決めを行います。

 

矢印下緑

 

ステップ6 決済と物件の引き渡し

決済と物件の引き渡し
契約に定めた内容で物件の引き渡しを行います。代金の決済と物件(鍵)の引き渡しを行い、売買契約は完了です。

 

 

よくある質問Q&A

どのくらいの期間で売却ができる?

物件の所在地、築年数、社会情勢などによって異なりますが一般的に不動産売却は3カ月間で売却できれば順調と言えるでしょう。もちろん相場より安く設定すれば早く売却できますし、相場より高ければいつまでたっても売却できない可能性もあります。その他に買取をしてくれる不動産会社の場合、買主が不動産会社ですので即売却できます。ただし買取の場合は相場の6割から8割になってしまうので注意が必要です

 

不動産の売却代金はいつもらえるの?

不動産の売却代金は売買契約時と引渡し時の2回に分けて支払われる場合が一般的です。
内訳は、一般的に契約時5~10%位です。引渡し時に残りの金額が支払われます。

 

売却する時に必要な諸費用はどんなものがあるの?

A売却の際の諸費用の額は、売却する不動産により異なってきますが、ここでは一般的なものを紹介します。

  • 仲介手数料
  • 譲渡所得税
  • 住民税(売却して利益が出る場合)
  • 印紙代(売買契約書に貼付する印紙)
  • 住宅ローン返済関連(抵当権抹消費用・司法書士手数料など)

※各種、優遇税制があります。詳細は媒介契約を締結した不動産会社に聞いてみましょう。

 

 

まとめ


不動産売却の流れについて簡単に説明してきました。売却相談~引渡しまで本当にたくさんやる事がありますよね。不動産知識だけでなく金融知識や法律の知識まで必要となります。ですのでいかにサポートしてくれる売却に強い不動産会社を見つけるのかが重要となります。
選んだ会社によって結果が決まるとも言われているほどとても重要なのが不動産会社選びです。不動産売却の流れではいろいろなことがありますけど特に妥協せずに全力で行うべきポイントはしっかりと売却力の強い不動産会社を見つけることです。

 

そのためにも複数社に査定を依頼して徹底的に比較することです。その際査定額だけを比較するのではなく、提案力や担当者の質、過去の売却実績なども見てみてください。複数の不動産会社に査定を出す際、便利なのが不動産一括査定ですので興味がある方は利用してみて下さい。

 

\便利な不動産一括査定はこちら/

大手に査定依頼するならココ

すまいバリューは国内TOP3の三井・住友・東急に 依頼できる唯一の一括査定できるサイトです。全国に6社で840の店舗があるので安心!
ドコにするか迷ってるならココ

ホーム4Uは日本で最初の一括査定サービスであり、運営会社はNTTグループなのでで安心感は抜群!信頼できる会社を探しているならコチラ!